[PR] ブログ キーレス・アンサーバックユニット装着手順 | いろんなDIY日記

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
勝毎花火カウントダウン
全国天気予報

-天気予報コム-
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 焼き肉NO2.NO3連続だー | main | ジャンプボーイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キーレス・アンサーバックユニット装着手順




八木澤さん制作のキーレスアンサーバックユニットABU2C
のステップワゴンのタイプRF2への取付方法を記録しました。
購入方法等は八木澤さんのホームページを参照してくださいね。

まずは、運転席ハンドル下のカバーを外します。
タッピングビス4本で止まっていますので、まずビスをドライバーで
外します。

1本目はコインケースを開けた奥。

2本目はコインケースの右下。

3本目はパーキングブレーキのリリースレバー右下奥。

最後4本目は左下角みに。

外したネジを紛失しないよう保管し、カバーを外します。
あとカバー右上は2個の金属クリップが付いているので外すときに
紛失しないよう要注意。
カバーを外した状態 ↓↓↓↓↓↓↓↓

外すと配線類やヒューズボックスが現れます。

今回は別売りパーツとして配線コネクター(分岐タップ)Y404
を用意します。矢崎総業製の適合電線サイズ1.25〜2.00mm
徳用10個入りです。値段は580円でした。
分岐タップとは、電線の被覆を剥かずに、プライヤー1本で簡易的に
分岐配線を行う事が出来ます。

それと平型端子(カバー付き)同じく矢崎総業製Y313です。
値段は168円でした。平型端子は今回常時電源を取るのに、
ヒューズボックスの中の空きコネクター部から取るのに使用しました。
いずれもホームセンター、カーショップ等に売っています。

あとおまけにこういう事やるときあると便利なのが検電ペン。
これがあると色々確認するのに役立つアイテムです。
たとえば、ドアロックに繋がっている線を特定するとき、
常時電源を見つける等々に使います。これはETC取付時に購入です。


ここからが取付本番です。
まずはウインカー点滅用リレーの取付を行います。
リレーから出ている白線2本に配線コネクターを取り付けます。
’鮴の1本目を分岐コネクターのストッパーのある側に線先端を置き

プライヤーを使い絶縁カバーがロックされるまで挟み込みます。

白線の2本目を,汎瑛佑帽圓Α
 (赤線は後で常時電源に接続)
下準備できたリレーをヒューズボックス右上の緑コネクター(6ピン)
に白配線2本を取り付けます。

〆邏箸鬚靴笋垢するため緑コネクターの上の爪を押しながら
 緑コネクターを引き抜きます。
外したコネクターを配線側から見て
 右下の配線にリレーの白配線
 右下の配線にリレーの白配線をストッパーの無い側にワンタッチ
 クリップで接続します。プライヤーを使い絶縁カバーがロックされる
 まで挟み込みます。
 リレーの白配線はどちらも同じです。入れ替わっても問題なしです。

I佞噂わったら緑コネクタを取り付けます。

ぅ螢譟爾両鏤電源の赤配線を接続します。
 ぁ櫚.螢譟爾寮崘枩の先端に平型メス端子を付けて、

 ぁ櫚▲劵紂璽坤椒奪ス左上の常時電源が取れる空き端子に接続します。

この状態でリレーの黄配線(長い線)をボディーにアース接続して、
左右のウインカーが点灯すればリレーの取付チェックOKです。
写真のように点灯が確認できたら黄配線をアースから外して、リレーの
取付完了です。
ここで点灯したら少し感動です。グッド

次にアンサーバックユニット本体の取付です。
RF2タイプ(1ボタン式ドアロックリモコン)の場合です。
ヒューズボックス下、右側の緑コネクタにユニット本体の配線と
配線を接続します。

)楝配線に分岐コネクターを(リレーと同要領で)取付ます。
∨楝配線に分岐コネクターを(リレーと同要領で)取付ます。
取付作業しやすいように緑コネクターを取り外します。
の丱灰優タの1番左側上の線にユニット本体の配線の
 分岐コネクタを確実に取付ます。
ノ丱灰優タの1番左側下の線にユニット本体の配線の
 分岐コネクタを確実に取付ます。
間違えてい鉢イ鯑れ違えたら、アンサーバックはしますが、
ウインカー点滅パターンがロックとアンロックで説明書の記載と
入れ替わりますので要注意です。
終了したら緑コネクタを元通り取り付けます。

続いてインタロックコントロールユニットのパーキング配線に
ユニット本体のオレンジ配線を接続します。

インタロックユニットはヒューズボックス裏にあり、茶色とグレー
のコネクターが差し込まれています。
ホントヒューズボックスの真裏なので覗くには少し苦労するかも。モゴモゴ

仝つかったらグレーのコネクター(8ピン)を外します。

▲罐縫奪繁楝オレンジ配線に分岐コネクタを取付。
もう要領完璧だよね!

グレーのコネクター下側中央の配線に
ユニット本体のオレンジ配線をワンタッチクリップ
接続します。完璧に接続できたら、グレーのコネクタを元に戻します。
今回はオレンジ配線をパーキング配線に接続し、パーキング以外では
アンサーバックしないようにしました。
他にもイグニッションやアース等に接続する方法もあるので詳細は
アンサーバックユニット説明書をご覧頂くか、八木澤さんの開設している
ホームページに専用掲示板がありますのでそちらを参考にしてください。

次にユニット本体の常時電源の配線を接続します。
リレーの常時電源の赤配線にユニット本体の赤配線をワンタッチ
クリップで接続します。もう説明不要ですね嬉しい


次にリレーの黄配線とユニット本体の黄配線の先端に平型端子オス・
メスを取付接続し配線作業完了です。


とりあえずこの状態でドアを閉めて、キーレスリモコンで
ドアロック&アンロックを操作してウインカーが点滅すれば成功です。
すごくドキドキします。ラブ


やりました〜ついに、わがステップワゴンもキーレスでウインカー
点滅するようになりました〜。やっぱりロック・アンロックの確認が
確実に出来て大変便利で〜す!超うれし〜感動の一瞬でした。

あとはユニット本体と配線等がアクセルワークの邪魔にならないように
確実に整理(結束バンド多様)し

外したカバーを取付し全ての作業完了です。


八木澤さん大変良い物ありがとうございました。
あと取付に際し、爆音PAPAさんのホムペも参考にさせて
いただきました。お礼申し上げます。

あと最後に本改造は私が自己責任の下、行った車両電気系統の改造
の記録です。私のページを参考され行われる行為については当方、
一切の責任は負いませんので、皆様自己責任でお願い致します。



おもしろかったらプチッとクリックしてね!
ブログ検索☆BITZ

こちらもお願い!
ブログ王

| ステップワゴン | 21:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |
コメント
おっしぃ〜〜〜!887ヒットだった・・・・・。
| ふみっく | 2006/06/10 2:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tom-jerry777.jugem.jp/trackback/36
トラックバック